現在のおうちの状態と外壁工事

現在のおうちの状態と外壁工事 どんなにきれいな家屋でも年月とともに劣化するのは避けられません。
マンションのようなコンクリートであっても10年から15年間隔でメンテナンスを施す必要があります。
ましてや木造のモルタルですとなおさらです。
もしメンテナンスをしませんと、モルタルにヒビが入りそこから雨水が染み込んできます。
それが雨漏りの原因となります。
実は、一度雨漏りをしますと、どこから雨が入ってきているかわからなくなるのが実態です。
ですから、モルタルにヒビが入った段階ですぐに外壁工事をするのが必要です。
現在のおうちの状態を見て外壁工事をするかどうか判断するのですが、基本は10年間隔が理想です。
ですから、外壁工事をして10年が経過していたならそろそろメンテナンスを考える時期になってきています。
まだヒビは入っていなくとも考えたほうよい時期です。
メンテナンスを判断する基準はヒビの有無以外にもあります。
それは塗料を指でこすってみることでわかります。
指でこすって指に塗料の色の粉がついたときはそろそろ限界と考えるのがベストです。

新築時の工法

新築時の工法 新生活を始める時など、様々な目的で新しい住居を利用することはあるといえます。
住居の形式も様座であると言えますが、その中には新築での利用もあると思います。
新築ならば、新しく家屋を作るということになりますので、いろいろと要望を詰めることもできます。
その場合に気を付けることとして、外壁工事についてのことがあります。
外壁には様々な効果が存在し、工法によってその効果は変化します。
外壁工事の内容によって、住み心地も変化するといえ、通気性や防音性など、注意するべきことは多岐にわたるといえます。
新築時には、どのような環境の住居を望んでいるかによって、どのような工法で施工するのか、このことを十分に考えることが重要になります。
また、注意することとして、外壁工事によって工事期間や費用が異なってくることがあります。
必要のない無駄な工事を行うのはあまり良いとは言えませんので、何が必要で何が不必要なのか、適切に業者に依頼することが重要になります。

check

最終更新日:2018/1/19